ENG JPN SRB

データ保護のための
包括的なソリューション&
セキュリティ

Blinkingには、Blinking AUTHモジュール、Blinking KYCモジュール、Blinking GDPRモジュールという3つの主要なコンポーネントがあります。これらのコンポーネントは、それぞれ個別に使用する、もしくは、完全なソリューションとして使用することができます。

Blinking
AUTHモジュール

デジタルIDを作成する

お客様はBlinking IDを作成することにより、自分のデジタルID全てを管理し、個人情報を保存することができます。お客様は自身の個人データーに関する完全な所有権を持ち、管理することができます。

アクセスを承認する

ユーザーは、全ての接続サービスでBlinkingを使用し、データへのアクセスを許可または消去することができます。また、内部ログのデータに関するすべてのアクティビティを追跡することができます。

Blinking
KYC module

BlinkingIDを発行する

Blinkingには、ブロックチェーンとBlinkingの基本アーキテクチャで動作するKYCツールもあります。 KYCツールを使用している企業は、信頼コンソーシアムに参加し、BlinkingIDをクライアントに発行することができます。

BlinkingIDを提供する

Blinkingのアプリを使用することによって、ユーザーは発行されたBlinkingIDをインポートして、KYCのために接続しているサービスに提供することができます。BlinkingIDは通常、コンソーシウムで合意された以下の内容を含みます:ユーザーの氏名、住所、国名、ID番号、認証済みIDの種類(パスポート、運転免許証など)

Blinking GDPRモジュール

GDPRコンプライアンス

linkingはGDPRに準拠しており、コンプライアンスの実践に役立ちます。企業はBlinkingのブロックチェーンベースのアーキテクチャにおいてユーザーの個人データを保存することができます。

データの所有権及び保存

ユーザーはダッシュボードを使用して個人データを管理することができます。企業は革新的なGDPRに準拠したアプローチを採用しています。Blinkingは、ブロックチェーンを使用してデータを保護するため、企業のストレージニーズと運用コストを削減します。